守光院

曹洞宗

守光院の歴史

坐禅会

御詠歌

お墓について

お問い合わせ 048-885-5861

アクセス

TOPに戻る

[合併墓地「永光陵(ようこうりょう)」のご案内] 

   
 

近年、墓地を求めようとしても 東京近郊ではその数も少なく、まして寺院の墓地となるとほとんど空きがないのが現状です。また、その際に懸かる費用も入檀金や永代使用料はもちろん、墓石の費用までふくめると大変高額になってしまいます。また、後継者がいない、身寄りの家族が誰もいない等の方々にはほとんど求めることができない状況になっております。

そこで、守光院では合併墓地「永光陵」をこの度建立しました。これは曹洞宗 開祖 道元禅師生誕八百年記念として新たに建立させていただきました。この墓地は前述させていただきましたような現在の墓地事情を考え、三十三回忌までの供養塔墓地として、身寄りのない方でも また、後継者のいない方、後継者があってもめんどうをかけたくない方、高額な墓地は必要でないと考えている方の為の墓地です。

基本としては守光院の檀家になっていただき、三十三年間の墓地使用権を得るという形の墓地で在ります。三十三年間は遺骨を永光陵内に安置し、供養塔を一基建ててお参りします。その後、三十三年以降は永光陵内に埋骨し、壁面に戒名を刻み、供養塔から釋迦塔に移します。更に供養塔を使用したい場合は更新することも出来ます。年回の法要は普通の檀家と同じように行いますが、特に身寄りのない方の場合は寺が年回法要を三十三回忌まで行い、その後永光陵内に埋葬いたします。

詳しくは守光院までお問い合わせ下さい。

   
 
     
  「永光陵」 三十三年間使用料 一基 八拾萬円
(供養塔 84基 予定)
 

過去の宗旨宗派は問いませんが入檀後は曹洞宗守光院の檀家となり葬儀、改名授与、年回法要は守光院が行うものとします

生前に供養塔を建てることも可能です

供養塔建立には墓石等の費用はありませんが文字の刻み料は実費必要となります

     
 

守光院墓地 若干在ります
詳しくは当寺までお問い合わせ下さい

曹洞宗 守光院

住所 〒336-0015 
埼玉県さいたま市南区太田窪5-11-9

お問い合わせ・申し込み TEL048-885-5861